頬のエラを消す治療|有能な医師にボトックス施術を依頼【立体的に薬剤の注入を行います】

頬のエラを消す治療

レディ

治療の効果と注意点

ボトックスは、小顔矯正や多汗症の治療などに使われる成分です。ボツリヌス菌と呼ばれる細菌から抽出して作られており、人の体に注入すると、注入した部分の筋肉の力を緩めるという特徴を持っています。この特徴を活かし、特に咬筋の異常発達によって生じた頬のエラを消す治療に頻繁に使われます。咬筋は、普段から歯を食いしばったり噛みしめたりするクセがある人や、歯ぎしりのクセがある人が特に発達しやすく、そのせいで頬にエラが張るようになってしまいます。エラが張ると、顔が大きく見えたり、四角く見えたりしてしまいます。そして、それが大きなコンプレックスとなっている女性もたくさんいます。ボトックス治療を行い、そのようなコンプレックスを解消させましょう。治療はとても簡単で、ボトックスの成分を気になるエラの部分に注入するだけです。手術などの必要もなく、痛みもないため手軽に行うことが出来ます。費用は、一本打つのに2〜3万円が相場ですが、クリニックによって異なります。効果は約4〜6か月程度持続し、効果が切れたら再度治療を行えば、維持させることが出来ます。年に数回治療を受けることによって、クセが生じてどんどん持続力も長くなっていきます。また、治療は美容整形外科や皮膚科などで受けることが出来ます。特に美容整形外科では、ボトックス治療は最もポピュラーと言われている治療の一つですので、どのような場所でもほとんど施術を行っています。まずはクリニックを予約し、治療を受ける準備をするところからはじめてみましょう。まずは、診察とカウンセリングを受けます。診察では、肌の状態や骨格のクセを見てもらい、ボトックス治療が適当かどうかを判断します。カウンセリングでは、一番気になっているコンプレックスや、どのような小顔になりたいか、予算はいくらか、などの具体的な話をしていきます。入念な診察とカウンセリングを行うことによって、治療の満足度も変わりますので、希望はしっかりと伝えると良いでしょう。このプロセスが終わったら、早速注入を行うためにマーキングをしていきます。ボトックスは、打つ位置や量が微妙に変わるだけで、きちんと効果を発揮してくれないことがありますので、マーキングはとても重要です。すぐに消えるペンなどを使って、打つ位置を正確に把握して準備をしていきます。その後は、実際にボトックスを打って施術を行います。痛みや副作用などが出ないように、医師が細心の注意を払いながら施術をしてくれます。きちんと効果を発揮するには医師の腕も重要になりますので、クリニック選びも慎重に行うようにしておきましょう。施術は10分程度で終わり、終了後はすぐに帰宅することが出来ます。帰宅後は、施術部位をむやみに触らないように気を付けて、安静にしておきましょう。効果は、1週間程度で現れることが多いので、静かに効果が出るのを待ちましょう。はじめての場合でも、カウンセリングから施術まで1時間程度しかかかりません。このような手軽さも、ボトックス治療が人気の理由の一つです。手軽でお得なボトックス治療で、コンプレックスを克服しましょう。